2013年11月14日

便秘解消になるヨーグルトの食べ方

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、空腹時に食べると胃酸によって胃で分解されてしまい死滅してしまうんです。ですから、朝食にヨーグルトだけを食べても、食事の間にヨーグルトを食べても、せっかくの乳酸菌は腸まで届かずに終わってしまうのです!

お通じをよくするためにヨーグルトを食べるのであれば、食後すぐに食べるのがお勧めです。これだと食事したものが主に胃で分解されるので、乳酸菌まで分解されることはなく、腸まで届きます。

お通じをよくするためにヨーグルトを食べるのであれば、食後すぐに食べるのがお勧めです。これだと食事したものが主に胃で分解されるので、乳酸菌まで分解されることはなく、腸まで届きます。

ひどい便秘の場合は、ヨーグルト小皿1杯くらいに対して5〜6粒のアーモンドを粗く砕いたものを混ぜて一緒に食べると、より効果が高くなります。アーモンドに含まれる脂質が、腸内で善玉菌を増やす働きがあるからです。

<引用元:便秘解消のためのヨーグルトの正しい食べ方>

誰でも『無料』で宣伝できる!地域のイベント告知に!まちかど公共掲示板
posted by prmgufpwnp at 12:04| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。