2014年06月10日

ヨーグルトで口臭予防

ヨーグルトの乳酸菌は、細菌の増殖を抑える効果があると言われています。

朝にヨーグルトを食べると口臭の予防に効果があると言われています。

ほかにも口臭にも口腔内の原因のほかに、胃が原因での口臭もあります。

しっかりと咀嚼せずに食べ物を食べたりしていると、口腔内での機能が果たされていないということになり、胃で慢性的な疾患が引き起こされる事もあります。

そんな時は軽い断食を行い、胃の機能を回復させて口臭を改善する方法もあるそうです。

断食といっても完全に食べ物は食べないではなく、ヨーグルトで栄養を摂りながら体に負担をかけないようにかつ内臓の機能を整えながら口臭改善していくのが良いそうです。

口臭が気になる方は試してみてはいかがですか?


乳酸菌を増やすヨーグルト

プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by prmgufpwnp at 17:58| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

ヨーグルトはカロリー高いのでしょうか?

Q.最近、ブルガリアヨーグルト500gを2日で食べるのですが、食べすぎでしょうか?
ヨーグルトには善玉菌がいますが、カロリーが高いのでは無いか?
食べ過ぎれば悪いこともあるのではないかと心配です。
1日あたり250g食べているのは多すぎで、体にも悪いでしょうか?
太る原因になるのではないでしょうか?
詳しい方がおられましたら、教えてくださいませ、宜しくお願いいたします。

A.カロリーはちゃんと容器の横に表示してありますよ。

食べ過ぎればなんでも体に悪いですが、ヨーグルト1日に250gはぜんぜん多くありません。普通ですよ。むしろ腸の調子を整えてくれるのでそのぐらいの量ならダイエットにいいかと思いますが。

<引用元:yahoo知恵袋>

低カロリーのヨーグルトなら
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by prmgufpwnp at 15:45| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

離乳食にも良いヨーグルト

カルシウムが豊富なヨーグルト。
小さなお子さんがいる方は、離乳食として食べさせている方も多いのではないでしょうか?

ヨーグルトは、離乳食としても最適です。
しかし、ヨーグルトにはさまざまな成分が含まれていることを頭に入れておきましょう。

そして、体に良いからといって、過度に食べさせないことです。
また、食べるときは工夫してあげると良いかもしれませんね。

一般的に、ヨーグルトは離乳食としてオススメしている方が多いと言われています。

離乳食として好まれる理由
発酵食品であることと、タンパク質やカルシウムなどの成分が消化しやすいから
爽やかな風味は赤ちゃんが好む味

ということで、離乳食として最適だと言われています。

味つけもいろいろできますから、アレンジしやすいのもママにとって助かりますね。

ただ食べ方があり、当然“食べ過ぎ”はNGです。

これは離乳食に限らず大人も同じで、食べ過ぎは逆効果だと言われています。

妊娠中であれば、常食はしないのが賢明。
たとえ低脂肪でも、子供がアレルギー体質になる恐れがあるので、食べ方には十分気をつけましょう。

また、離乳食にするなら、「プレーン」が◎。成長期によって併せる食べ物はいろいろ工夫したほうが良いですね。

<引用元:ヨーグルト食べ過ぎの影響サイト>

習慣で健康に
今注目の第3世代プロバイオティクス!
CMでもお馴染みのプロピルヨーグルト

posted by prmgufpwnp at 16:04| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。